婚活のノウハウをYoutubeで公開中詳しくはこちらから

【暴露します】一生独身男性の6つの悲惨な末路!おすすめの出会いの場も紹介

本ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
一生独身 男 末路
悩む人

一生独身はいやだけど、彼女すらいない。。。
 生涯独身の末路ってどうなの…

一生独身のつもりはないけど、何年も彼女もできない。独身待ち受ける未来がどうなるか悩みがつきません。

そこで、何十年も彼女すらできたことがなかった私ぶんしちが下記の内容で解説していきます。

本記事の内容

一生独身男性の6つの悲惨な末路
男性の一生独身率は40年で10倍以上に増えている
一生独身男の末路が悲惨だと感じたときにおすすめの出会いの場
現実は悲惨だが、一生独身の男性にもメリットはある
一生独身を決意したら注意すべき点

この記事を読めば、一生独身の悲惨な末路から独身の増加、おすすめの出会いの場、独身のメリットや注意すべき点までわかりますのでぜひ最後まで読んでみてください。

本記事の執筆者

✔️ 婚活での極意を限定公開中

ぶんしち

今なら私の公式LINEをお友達登録してくれた方限定で”婚活のノウハウ”や”75分の婚活戦略の限定動画”を無料でプレゼントしています!婚活で成功するための極意を集めましたので、ぜひ覗いてみてくださいね!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする▼

目次

一生独身男性の6つの悲惨な末路

一生独身男性の6つの悲惨な末路

一生独身男性の6つの悲惨な末路を解説していきます。

① 平均寿命が有配偶者より短い
② 5最年下の女性に相手にされな
③ 出世できない
④ 負け組扱いをを受ける
⑤ 体調を崩した時、頼れる人がいない
⑥ 親の介護が大変

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

平均寿命が既婚者(有配偶者)より短い

未婚の男性は既婚者と比較し、死亡年齢の中央値が約14歳も寿命が短いことがわかっています。死亡年数の中央値とは、死亡者の総数の50%が死んでいる年齢。

具体的な中央値の年齢には

未婚男性 :67歳
離別男性 :72歳
有配偶男性:81歳
死別男性 :88歳
2020年人口動態調査の15歳以上の配偶関係別死亡者数より算出

結果から結婚している事により中央値の寿命が増加。未婚男性は67歳が中央値ですが、有配偶の男性は81歳で14歳も寿命に差があります。

厚生労働省の令和3年簡易生命表からも平均寿命は81.47歳であるため、男性の平均寿命を高くしているのは既婚者であります。

一生独身であると、会社の定年(60歳)から7年しか生きることができません。私達の場合は60歳から70歳まで定年が引き上げとなるかもしれません。そのため、独身であると定年を迎える前に死んでしまう可能性が高いでしょう。

せっかく定年後、第2の人生を迎える前に死んでしまうことは理解しておく必要があります。

婚活を始めても5歳下の女性に相手にされない

あなたも女性の立場で考えると結婚相手を選ぶなら、自分と年齢が近い男性と結婚したいでしょう。

特に女性の方が男性より平均寿命が長く、年齢が5歳以上離れている男性を結婚相手に選びません。

そのため、一生独身で過ごそうと考えていた人が30代後半、40代になり婚活を始めても若い女性(20代)と結婚できる可能性はほぼありません。

具体的に各年齢で50歳までに結婚できる確率を記載します。

年齢未婚率各年齢で50歳独身になる確率
20〜24歳95.7%29.5%
25〜29歳76.4%37%
30〜34歳51.8%54.5%
35〜39歳38.5%73.3%
40〜44歳32.2%87.7%
45〜49歳29.9%94.5%
50歳(生涯独身率)28.5%
令和2年 国勢調査

30歳を超えた時点で2人に1人は50歳で結婚できません。40歳を超えた場合が50までに結婚できる確率は、10人に1人もいません。

ぶんしち

そのため、5歳以下の女性と結婚する以前に、40代を超えての婚活はほぼ結婚すらできないでしょう。

会社で出世できない

現代が変わってますが、いまだに結婚をしていないと出世できない会社も多いです。なぜなら、結婚をしていないと、会社の上司や同僚、またお客様にも信頼されないからです。

そのため、相対的にあなたの評価が低くなり、他の既婚者と比べて出世が遅かったり、できなかったりする可能性が高いです。

家族であれば、高額な家の購入や家族を守るために必死にお金を稼ぐ必要があり、会社としても扱いやすいのも理由の一つでしょう。

具体的には既婚者には転勤や海外駐在を打診しやすいです。家族や生活を守らないといけないので、ほぼ断らない。そして既婚者に重要な仕事を任されるので、出世しやすいです。

とはいえ、独身の方は、社内政治などにも関わりたくない人も多いかもしれません。

しかし独身で野心家の方もいますので、独身であると出世しにくい可能性があることは理解したほうが良いでしょう

世間から負け組の扱いを受ける

結婚をしていないとなぜか負け組扱いを受けます。人類の共通の目的である子孫を残せないからでしょう。

具体的な負け組扱いは

✔ 20代後半になると『両親や兄弟や親戚からいつ結婚するんだ』と言われ、さらに『私達は20代前半で結婚していた』と言われる
✔ 会社やお客さんとの世間話で結婚しているかを聞かれ、結婚してないことを伝えると、なぜか冷たい目で見られる
✔ 久しぶりに学生時代の既婚者の友達に会うと、まだ結婚してないと蔑んだ目で見られる

などなど、肩身が狭い思いをします。年齢が40代に差し掛かってくると、負け組扱いをされなくなります。しかしあなたのいないところで陰口をいわれているでしょう。

体調を崩した時、頼れる人がだれもいない

あなたが30,40代で親が生きていたり、兄弟が近くに住んでいたりすれば、助けてもらえるかもしれません。しかし、年齢が50代・60代になれば、親は無くなり、家族がいないと周りには誰もあなたを助けてくれる人がいなくなっています。

風邪などの1日や2日休むことで治る病気であれば、まだマシです。しかし1ヶ月〜数年働けない病気になってしまったら、身体的にも金銭的にも心配でしょう

具体的な病気


心筋梗塞
脳卒中
鬱や適応障害など

人によっては突然倒れることもあるでしょう。家族がいれば、短時間で見つかり病院に駆けつけることもできます。しかし1人では誰にも見つからずに倒れて、場合によっては倒れ死ぬ可能性もあります。

親の介護が大変

兄弟が家を次いで親の近くにいれば、親の介護をすることはありません。しかしあなたが家を継いだ場合はあなたが親の介護を1人でみないといけないでしょう。お金があり、親が了承して老人ホームに入ってくれればよいです。しかし老人ホームに入りたくない親であった場合はあなたが面倒を見ないといけません。

介護のレベルにもよりますが、親の面倒を見ないといけないでしょう。あなたが食事から選択、お風呂に入れ、などすべてやらなきゃいけません。

しかし結婚をしていれば、1人で親の面倒を見るのではなく、奥さんにも手伝ってもらえるでしょう。どちらにしても、1人で親の面倒を見るよりはマシです。

ぶんしち

親も結婚していれば、気をつかって老人ホームに入るかもしれませんね。

男性の一生独身率は40年で10倍以上に増えている

男性の生涯独身は40年で10倍以上に増加

残酷な話ですが、ここ40年で一生独身率(生涯独身率)は10倍以上に増えています

具体的には

1980年は生涯独身率が2.6%でしたが、2020年(令和3年)には28.3%になりました。
*生涯独身率とは50歳までに一度も結婚したことがない割合。

つまり、4人に1人以上は50歳で独身。しかも5年毎の統計ですが、毎回上昇してます。2000年から毎回3.5%上昇しているため、2025年には30%を超え、いずれ3人に1人が生涯独身(50歳で独身)になるでしょう。

ぶんしち

かなりの異常値ですが、自分が一生独身の男でありたくなければ、今すぐにでも婚活を始めましょう。

一生独身男の末路が悲惨だと感じたときにおすすめの出会いの場

一生独身男の末路が悲惨だと感じた時におすすめの出会いの場

手段を選ばずに、最短で結婚できる可能性が高い結婚相談所に入りましょう。

結婚相談所に入るべき理由

① 結婚相談所によっては入会者の50%以上が結婚している
② 1年以内に結婚できる可能性が高い
③ 合法的に複数人との交際が可能
④ カウンセラーと2人3脚で活動でき、何でも相談できる
⑤ 高い会費を払うため、自分が結婚するための決意可能

他にも結婚相談所によっては、服装チェックやデートプラン、プロポーズの仕方を相談できます。

ぶんしち

童貞であった私が結婚相談所での活動1年で結婚できましたので、おすすめします。

おすすめの結婚相談所はIBJメンバーズです。

最大手の結婚相談所でありながら、入会者の54.5%はプロポーズ(婚約)後に退会しています。

結婚を夢で終わらせたくない方へ
平均9ヶ月で成婚!1年以内に結婚したい人に選ばれています

ホームページ一番下『無料相談お申し込み』から予約できます

色々を比較して確認したい方は『あなたに合った結婚相談所が見つかる【結婚相談所ランキング7選】』の記事を読んでみてください。結婚相談所の選び方を超具体的に紹介しています

現実は悲惨だが、一生独身の男性にもメリットはある

一生独身の男性にもメリットはある

個人的には一生独身はおすすめしませんが、メリットもあります。

✔ 自分のためだけにお金を使える
✔ 趣味など自分の時間を自由に使える

それぞれの内容を具体的に解説していきます。

自分のためだけにお金を使える

趣味や遊びなどすべて自分のお金として使えます。既婚者の場合、自分のためだけに使えるお金はお小遣い3万円程度でしょう。

具体的な既婚者の出費

家族分の家賃や生活費
毎週末の家族でのお出かけ
1年に1度程度の旅行

既婚者はほぼ自分のお金は無く、家族のためにお金を使っています。離婚した場合はもっと悲惨で毎月養育費だけ請求され、自分のお金はほぼありません。

ぶんしち

一生独身のメリットは家族に縛られずに自分一人のためにお金を使えることでしょう。

趣味など自分の時間を自由に使える

お金も同じですが、仕事以外の時間を自分のためだけに使えます。あなたは当たり前のように時間があるので、気づかないかもしれません。

具体的な自分の時間とは

平日の朝や夜中
土日、祝日
長期連休

独身であれば、すべて自分のやりたいことに使えます。趣味や友達との飲み会、旅行、恋愛など。好きな女性との恋愛を楽しめるのは独身の特権です。

結婚をしていると、家族(妻や子供)へのサービスを優先せざる負えないため、自分の時間はほぼありません

主に仕事の通勤やお風呂の時間しかないでしょう。

世間の既婚男性が家族との暮らしを続けられるのは、子供がめちゃくちゃ可愛いからだと思います。

独身の方の中には他人と一緒に住みたくないや子供も好きでないというかたも多いので、家族を作らない選択肢もありでしょう。

ぶんしち

自分の生活を満喫できるのは、独身だけです。

一生独身を決意したら注意すべき点

一生独身を決意したら注意すべき点

事前に、定年後のことを考えて行動しておきましょう。

一生独身を決意したら注意すべき点

老後の費用は貯めておこう
長く続けられる趣味を探す
健康管理をする
40歳を超えたら、ほぼ結婚できないことを理解する

老後の費用は貯めておこう

老後2000万円問題等もあるので、毎月定額貯金をしましょう。老後2,000万円問題とは、老後の約20〜30年で2000万円不足するという資産のことです。

私達の年代では最悪年金を貰えないと考えて行動しないと、悲惨な老後生活となるでしょう。何十年も頑張って働いたのに、老後に家賃を払えるお金もないなどになりかねません。

老後の費用を貯める以外の対策

生活費をできるだけ、抑えて出費を減らす
会社の定年が長くできるなら、伸ばしてもらう。
定年後に経験者枠で雇用してもらう

などの生活も検討しましょう。定年後も経験者として働くのはそれなりの技術力等が必要となるので、精進しましょう

とはいえ、独身男性平均寿命の中央値は67歳のため、老後は長くないと開き直るのもありでしょう。

長く続けられる趣味を探す

将来会社を定年したことを考え、コミュニティに参加しよう

定年までは会社での人間関係がありますので、平日に飲み会などがあります。しかし独身のままで定年した場合、毎日出会う人もいません。そのため、70や80歳でも続けられる趣味を見つけ、コミュニティに参加しましょう。

たとえば、

ゴルフやテニス、ゲートボール、ビリヤード、ボーリング

自分が無理せずに楽しめるものが良いです。50歳で独身を迎えた時点で、自分の視野を広げて活動をしましょう。もしかしたら、趣味つながりで女性と出会うこともあるかもしません。

健康管理する

自分で食事・運動・睡眠等の健康管理をしましょう

事前に病気になることが事前にわかっていれば、健康管理をする必要もありません。しかし年を取れば免疫も低下し、体調を崩したり、病気にかかりやすかったりします。大体病気は事前には見つからずに問題が大きくなってから発覚します。

そのため、独身だと偏った生活を送ってしまうため、自分で健康管理を怠ってはいけません

ぶんしち

病気や体調を崩さないように日々の食生活・運動・睡眠を気をつけましょう。

40歳すぎたら、ほぼ結婚できない確率が高いことは理解する

40歳を過ぎた男性が50歳までに結婚できる確率は10%以下です。40代独身男性は10人に1人しか結婚できません。

一生独身であることを決意した時点で、将来結婚したいと思った時に後悔がないようにしましょう。

40歳を過ぎても、絶対に結婚できないわけではありません。結婚したい女性と出会える環境や女性から見られたときの価値、結婚相手への条件などを客観的に判断すれば結婚できるかもしれません。

40歳を過ぎてからの結婚は時間がないため、IBJメンバーズでの婚活をおすすめします。

IBJメンバーズは結婚相談所で業界最大手でありながら、入会者の54.5%が婚約させている結婚相談所のため、一度無料相談を受けてみましょう。

一生独り寂しい休日を送りたくないあなたへ
平均9ヶ月で成婚!1年以内に結婚したい人に選ばれています

ホームページ一番下『無料相談お申し込み』から予約できます

結婚相談所ランキングを読む>>

まとめ|一生独身男の末路はあまりにも悲惨なため、1度は結婚をしよう

今回は一生独身男の悲惨な末路からおすすめの出会いの場、独身であるメリットと注意点について解説しました。

一生独身は気楽かもしれませんが、平均寿命が短く、定年後の生活が寂しいでしょう。将来結婚したいと考えても、40歳が10年後結婚している確率は10%です。後々独身であることを後悔しないように、1度は結婚をしましょう。

婚活は最短かつ結婚ができる確率が高い結婚相談所で活動してみてください。

ぶんしち

一生独身も悪くないかもしれませんが、家族との日々の和やかな生活も悪くありませんよ。

【豪華なプレゼント有】ぶんしち公式LINE

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次