婚活のノウハウをYoutubeで公開中詳しくはこちらから

【もう悩まない】2回目のデートまでのLINE!送ってはいけない内容も紹介

本ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
2回目のデートまでのline
悩む人

2回目のデートまでのLINEでのコツは?
LINEの話題はどうすればよい?
LINEでの頻度はどれくらいいいのか?

こんな悩みを解決します。

2回目のデートまでのLINEは超重要

1回目のデートはできたけど、次のデートまでLINEの頻度や話題をどうすればいいか心配の人も多いでしょう

そこで本記事では

  • 2回目のデートまでのLINEの連絡頻度・タイミング
  • 2回目のデートまでの LINEの話題
  • 2回目のデートまでのLINEで送ってはいけない内容
  • 2回目のデートまでにLINE電話はしてはいけない
  • もし相手からlineが来なくなったら

と、2回目のデートまでのLINEのタイミングから話題まで具体的に解説します

ぜひ本記事を参考に2回目のデートまでLINEを続けてください。

本記事の執筆者

ぶんしち

ぶんしちの恥ずかしい過去を赤裸々にぶっちゃけます /

目次

2回目のデートまでのLINEの連絡頻度・タイミング

2回目のデートまでのLINEの連絡頻度・タイミング

それでは、2回目のデートまでの連絡頻度やタイミングを解説します。

LINEの頻度やタイミング

毎日LINEは送る
連絡のタイミングは相手に合わせる
次のデートはいつ誘うべき?

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

毎日LINEは送る

基本的には毎日送りましょう。毎日LINEをすると、連絡することが習慣となります。

お互いに習慣となってしまえば、連絡をとらない事が気持ち悪くなります。LINEで連絡を取っていれば、デートしたときも普通に話せますので、連絡を取りましょう。

1度目のデートして連絡が続くのはあなたに行為がある可能性が高いでしょう。まず行為がない人との連絡を続ける努力はしません。

そのため、毎日LINEを送るのがBetterです。

連絡のタイミングは相手に合わせる

連絡のタイミングは、だれにでも当てはまる時間帯はありません

相手の学校や仕事の状況によって、連絡する時間帯も変わるため、連絡を取りながら相手が都合が良い時間帯を見つけましょう。相手の同じ時間帯に返答時間の傾向があるので、相手に合わせて連絡を取ってください。

とはいえ、いつ連絡をすればよいか知りたいと思います。

その場合は、相手に都合が良い時間帯を教えてもらいましょう

LINEで聞くのも良いですし。1回目のデートで聞いておけば、2回目のデートまではスムーズに連絡できる様になります。

少々漠然としていますが、LINE相手が好む時間帯に連絡しましょう。時間は連絡相手に教えてもらうか、連絡しながら相手の傾向をみて連絡しましょう。

次のデートはいつ誘うべき?

3通りあります。あなたの状況に合わせて決めてください。

① 1回目のデートの帰り間際
② 1回目のデート後の1〜1.5時間後にLINE
③ LINEで会話が盛り上がったタイミング

まずは、デートの帰り間際に誘う

なぜなら、デートの帰り間際で良い雰囲気となっていたら、次のデートもOKしてもらいやすいからです。また相手からすると、直接デートを誘われると断りにくいので、次のデートを了承してくれる確率も高いです。

次に、1回目のデート後の1時間後にLINEで誘う。デートで別れてから、1時間は相手に余韻につかってもらいます。LINEではデートのお礼や感想を話し、次のデートに誘いましょう。

もし断られた場合、気持ちを切り替えて次の相手を探すことができます。

そのため、早い段階で2回目のデートを誘いましょう

デートをして数日経ってどう誘おうか迷っている人もいるでしょう。その場合はLINEでの会話で誘いましょう

デートで相手の好きな食べ物や趣味、好きなことを聞きながら、デートに誘いましょう。LINEの話題で具体的に解説します。

2回目のデートまでのLINEの話題

2回目のデートまでのLINEの話題

次のデートまでのLINEでの話題について、解説します。

LINEの話題

1回目のデートのお礼や感想
デートのお誘い
食べ物
趣味や好きなこと
学校や仕事の話

1回目のデートのお礼や感想

まず、1回目のデートが終わったら、お礼や感想をLINEしましょう。女性からは返信をしにくいため、あなたから返信してください。

具体的には、最初にお礼の連絡をします。続けて、1回目のデートで話した内容を送りましょう。どんなに小さな内容でも良いです。

例えば、

趣味
血液型
星座

など、女性はそんな細かいことまで覚えてくれているんだと思ってもらえます。

男性からすると、しょうもないと思う内容かもしれませんが、自分のことを興味をもって覚えてくれているのが嬉しいのです。

ぶんしち

1回目のデートが終わったら、必ずお礼と感想をメールしてください。

デートのお誘い

デートのお誘いです。次のデートも決めずにLINEをしていては、精神的に辛いでしょう。

断られるにしても早いうちに脈がないことを知っておきたいです。そのため、デートのお誘いをしましょう

例えば、

① 料理や趣味、遊びなどの話題を出して、『〇〇一緒に食べに行かない?、〇〇一緒に見に行かない』とデートに誘う。

② LINEをして盛り上がったときに、『〇〇ちゃんとまた会って話ないな』と誘う

③ ストレートに『また会いたい』など

一度デートしているので、相手が喜びそうな誘い方をしてみてください

食べ物

食べ物の好き嫌いの話題は鉄板

好きな料理はデートで話したかも知れませんが、嫌いな食べ物も聞いてみましょう。嫌いな料理の話をする人は案外少ないです。

嫌いな食べ物を聞いても、意味がないと思うかもしれません。しかし、嫌いな食べ物を知っておくことで、未然に失敗を防ぐことができます

例えば、ランチやディナーの場所を決めずにデートをした場合、相手が嫌いな食べ物を知っていたら避けることができます。

お店の選択肢も減り、早く場所も決めることができるでしょう。また好きな料理を知っていれば、事前にデートで行きたい場所を絞っておくこともできます。

2回目のデートを誘ってない場合は、食べ物の話をしながら、次のデートにも誘ってみてください。

趣味や好きなこと

趣味や好きなことの話題は盛り上がりやすいです。また好きなことは話しやすく、ドンドン話してくれます。人によって趣味は様々ありますので、興味を持って聞いてみてください。

とはいえ、以前に聞いたことがあるかも知れませんが、趣味や好きなことの深掘りするような質問をしてみましょう

前回聞いた趣味の違う切り口から聞いてみてください。具体的には、5W1Hを使って聞いてみましょう。

5W1Hとは、下記の頭文字を取って纏めたもの。
When:いつ
Where:どこで
Who:だれが
What:なにを
Why:なぜ
How:どのように

相手の趣味や好きなことで5W1Hで聞いてない項目を聞いてみましょう。以前とは違った会話の流れになりますので、違う話も聞くことができます。

学校や仕事の話

相手の学校や仕事の話を深掘りしてみましょう

以前に聞いていると思いますので、最近どんな仕事をしているのか少し踏み込んだ内容を聞いてみると面白いです。

話の流れであなたにも最近の話を振られますので、簡潔に相手がわかりやすいLINEをしましょう。

とはいえ、学校や仕事の愚痴は話してはいけません。グチは悲観的な内容のため、相手は聞いても楽しくありません。

LINEでの会話は次のデートまでにお互いのことをもっと知るために連絡を取ります。しかしネガティブでつまらない話をしていては次のデートに繋がりませんので、やめましょう。

恋愛経験が浅い人は自分の考えだけで進めてしまうと、上手く行かないことも多いです。恋愛における知識があることで、デート中などでの女性の振る舞いを学べます。恋愛本を一冊も読んだことがない人は読んでおきましょう。

恋愛本は『【非モテ脱却】男性におすすめの恋愛本9選!効率的な読み方も紹介』で紹介していますので、ぜひ読んでみてください。デートでの失敗なども未然に防げますよ!

2回目のデートまでのLINEで送ってはいけない内容

2回目のデートまでのLINEで送ってはいけない内容

デートまでにLINEで送ってはいけない内容を解説していきます。

LINEで送ってはいけない内容

長すぎる文章
自撮り写真
起きていない時間帯に連絡
答えにくい質問

基本的には自分がされたら嫌な内容は送らないようにしましょう。

長すぎる文章

LINEで送られてきた文章が長すぎると、見るのも嫌になります。また返信をするのもめんどくさく感じます。LINEなので、短文で送りましょう。

具体的には3文までがよいです。

ぶんしち

時には長い文章を送ってしまうこともあるかもしれません。しかし相手の立場になってLINEを送ってください

自撮り写真

絶対に自撮り写真を送るのはやめましょう。ドン引きされます。

仮に彼氏や彼女の関係であれば、送ることがあるかもしれません。しかし1度デートをしただけで写真を送るのは絶対ダメです。友達との飲み会の席で笑いのネタにされるだけです。

おそらく自撮り写真を送った後から、返信が遅くなったり、無くなったりするでしょう

ぶんしち

正直自撮りの写真を送られてきても迷惑なため、やめてください。

起きていない時間帯に連絡

相手が起きていない真夜中などに連絡をするのはやめましょう

ぶんしち

LINEだから、大丈夫だと思わないでください。一般常識がない人と思われ、連絡が取れなくなります

答えにくい質問

LINEでは答えにくい質問はしてはいけません。連絡が途絶え、次のデートもできません。

特にLINEではいつでもブロックできます。そのため、あなたが恋愛対象でないと思われたら、すぐに連絡がいかなくなることを理解しておきましょう。

具体的に答えにくい質問

理想の恋人像
過去の恋愛
交際経験

など、一部ですが答えにくい質問です。

実際に対面で聞かれても答えにくいでしょう。このような内容を聞かれるとめんどくさくなり、返信すらしてくれません。

そのため、LINEでは答えやすい質問をしましょう

ぶんしち

自分が質問されて、すぐに答えられない内容は相手に質問しないようにしてください。

2回目のデートまでにLINE電話はしてはいけない

2回目のデートまでにLINE電話はしてはいけない

なぜなら、付き合ってもいないのに電話するのは重いからです。

LINEで連絡するのが、めんどくさいから電話をしたい気持ちもわかります。しかし、付き合うまでは電話するのはやめて下さい。

メールと違い、電話はお互いの時間帯を合わせたり、内容がないのに電話をしたりするが手間です。ライン通話をしつこくしていると、連絡が途絶える原因にもなります

そのため、付き合う前の電話での連絡はしないでください

もし相手からLINEでの連絡が来なくなったら

2回目のデートまでのLINEの頻度から話題、送ってはいけない内容を解説しました。次のデートまで毎日LINEを続け、良い雰囲気でデートまで持っていきましょう

とはいえ、LINEが続かなくてデートができなかったり、2回目のデート後から連絡が無くなったりすることもあります。またデートが続いたからといって、付き合えるとは限りません。

そんなときは諦めて、次の出会いを求めましょう。おすすめはマッチングアプリの『Pairs』です。

出典:Pairs HP
基本情報Pairs(ペアーズ)
目的恋活・婚活
年齢層20〜30代前半
有料プラン男性:3700円/月〜女性:無料
オプションコンシェルジュによるプロフィール添削メッセージのやり取り等の恋愛相談7000円

Pairs入会者のうちデートをした人は75%であり、4人のうち3人が出会えます。約8割の人がデートできています。

友達や会社での飲み会の誘いを1度断れば、ほぼ女性とデートができるので、選ばれているんですね。

さらにPairsはマッチングアプリの会員数がNo.1であり、累計会員数も2000万人であるので、地方でも恋人探しができるアプリ。

結婚や付き合ったカップルは70万人以上を超え、日本の人口の約6%はカップルになっています。日本の20人に1人がPairsで恋人または婚約者をを見つけていますね

まず、一歩を踏み出して、Pairsで活動をしてみてください。

無料で「検索機能」や「1通目までのメッセージ送信」ができます。いますぐ登録して、どんな女性が登録しているかを確認してみてください。

会社と家の往復のつまらない人生を脱却したい方へ

出会いのチャンスNo.1!毎日420人が付き合ってます /

とはいえ、マッチングアプリをやったけど、出会えないし、付き合えない人結婚相談所『IBJメンバーズ』で結婚相手を見つけるのがおすすめです

出典:IBJメンバーズ HP
基本情報IBJメンバーズ
目的婚活
年齢層20〜30代
出会い方アプリでの検索データマッチング
成婚の定義婚約(プロポーズ)まで
定期面談2ヶ月に1度
店舗数全国12店鋪
料金初期費用:252,450円
月会費 :  17,050円成婚費 :220,000円
(スタンダードプラン)

婚活目的で活動をするなら、IBJメンバーズが最有力候補です。

入会者の54.5%が婚約(プロポーズ)しているサービス。つまり、2人1人以上の会員が結婚をしています。

マッチングアプリや婚活パーティでは1割以下の成婚率のため、業界の中でもかなりの高水準の数値。本気で結婚相手を見つけたい男女に選ばれていますね。

1年以内に結婚相手を見つけたい人は、一度下記のボタンから無料相談を予約してみてください。

結婚を夢で終わらせたくない方へ
平均9ヶ月で成婚!1年以内に結婚したい人に選ばれています

ホームページ一番下『無料相談お申し込み』から予約できます

結婚相談所への無料相談で聞くべきことは「【体験談】結婚相談所の無料相談で聞くべきこと9選!見極めるポイントも解説」を読んでみてください。何を聞けばいいのか明確になります。

【豪華なプレゼント有】ぶんしち公式LINE

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次